スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大切な木取りという工程と新しいバンドソー


木取りという工程がどう重要なのか?
そこで私達木工家が何をしようとしているのかを説明します。

CIMG2653.jpg

CIMG2652.jpg


まずある家具を製作しようとする時に一番に思う事は、どの木を使おうか?今手元にある豊富なストックの
中から選択しなけれないけません。

昨日に続いて工房を整理していたら木目の流れが特異なので、何となく使いこなせなかったウオルナットの板の中に、突然肘付椅子の肘(アームと呼びます。)が見えました。
世の中の事は往々にしてそうだと思うのですが、ずっと見ているはずなのにある日それと気づくという事が
あるらしいのです。

アームが見えるという感覚はそんな風に不思議にふっとやって来るので、
その時は一瞬心が躍るように楽しい感じです。
椅子全体も頭のなかに絵としてうかんでるのです。

CIMG2654.jpg

CIMG2650.jpg

という訳で静岡から新しくやって来た大型のバンドソーですいすいと切っていきます。
この一枚の板から3台分のアームが取り出せました。やったー嬉しい!という感覚です。
何故そんなに嬉しいかというと、
工房開設して28年目になりますが、この木取りという工程がうまくいけば良い作品が出来あがるからです。

おかげさまで、現在ほぼどなたかに依頼された家具を作っているのですから、
私が木と出会えた喜びがその依頼主の作品となり、そこで又喜びが生まれる事を経験しているからです。
EPSON043.jpg

木と出会い人と出会いそれが静かな時間の流れに調和してゆくようにありたいですね。


今回鈴木機械さんに見つけてもらったこの愛知電機の大型バンドソーとの出会いも面白い物語でした。
折角素晴らしい桑原の手押しや服部の鉋盤を導入するので、それにふさわしいバンドソーを捜してくださいと
いうのが私の注文でした。そしてどうせならこの大型(何と特注の5馬力モーター)が良いでしょうと
いう連絡でした。アイチバンド2

すごく精度が高そうな機械だと直感しましたが、その緑色にびっくりしました。
高さ2.2メートルで幅が1.6メートルという圧倒的大きさでこの色は存在感がありすぎます。
もしかして明るいおだやかな色に塗り替えてもらえますか?と聞くとちょうど塗装やさんが来ているのでOK
という事になりました。色の指定はなんと自宅の塗装壁と同じにしてもらいました。
毎日みている色ですから、一番自然なはずですから。

CIMG1846.jpg

しかし工房搬入の時には一瞬あせりました。測ってみると高さがサッシの開口部とほぼ同じなのです。
運良くある意味奇跡的に工房内にはいりました。
良く入ったよねと感心?している私です。(以外にこういう時は冷静です。)

CIMG2645.jpg

実際に使って見ると2.5メートルの長さがある板も楽々と加工できます。
予想以上にストレスなく作業できるので有難いですね。

鈴木機械さんの見立ては全く確かで信頼がおけます。
今まで色々な人に出会ってきましたが、優秀な人ほど誠実で腰が低い?ですね。
そんなことが続くので、日本は不思議な国だなと最近思ってます。

あらゆる現場の最前線の人達がみんな誠実で素晴らしい仕事をしてます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

明けましておめでとうございます。

星野さん、明けましておめでとうございます。ご家族の皆様もお元気でお過ごしでしょうか?ブログのほう、毎回楽しみに拝見させて頂いております。いつも(今回も)お褒めのお言葉を頂き大変恐縮です。秀太郎工房さんの勢い(パワー)も益々上がっている様子、機械が役に立っているようで嬉しい限りです。HPの開設も楽しみにしております!本年もどうぞ宜しくお願い致します。

おかげさまで

おかげさまで、鈴木機械からやって来た素晴らしい機械の使いこなしも分かって来ました。作業環境がより快適になってきたので、作品のレベルアップにつながりそうです。不思議なことに前より工房が広く感じられます。
プロフィール

星野秀太郎、星野達彦

Author:星野秀太郎、星野達彦
安曇野の家具工房です。
shutarou_h@yahoo.co.jp

長野県安曇野市穂高有明 7363-2
TEL:0263-83-7586
年中無休

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。