スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手道具の逸品がやってきました。


お昼に昔、大変お世話になったA氏より来訪の電話がありました。
その方は何と!秀太郎工房とサミットチェアの名付け親です。

若かりし頃(誰でも)に様々な貴重なアドバイスをしていただきました。
自分の作品の良さを客観的に見るように教えてもらった気がします。

CIMG1509.jpg

1991に最初の本格的なサミットチェアを当時のリンゴ畑の中の小さい工房で製作していた時です。
A氏はそのデザインと主材としていた姫胡桃の木質の良さに気付かれて、10脚も購入されたのです。
それはまさにオリジナルとして8脚は大切に保管されているそうなのです。

今度御自宅の方へ見に行くお約束をしました。
21年前の自分に合うような気がします。
まるでタイムマシンですね。

さらに今回こんな素晴らしい手道具を持って来てくださいました。

CIMG3040.jpg

CIMG3039.jpg

名古屋の有名な青山鉋店が特別にあつらえた赤樫の豆鉋です。
秀太郎工房は主に椅子中心の製作体制なので豆鉋という手道具をとても良く使います。
今使っている物は20年以上前の物です。

CIMG3041.jpg

右側の鉋が椅子の座面の荒掘りに使うものです。白樫で作られています。
使い込んでいるので、真鍮を自分で埋めています。
そうすることによって酷使しても大丈夫なのですが、これからは2台体制で行きましょうか。



CIMG3043.jpg

この新しい鉋刃には鍛冶屋さんの印が刻印されていました。
神と一瞬読めたのでちょっと驚きました。

神田の毛作という有名な鍛冶屋さんの作だということで素晴らしい切れ味だそうです。
この豆鉋たちはまさに一生物の逸品です。
気持ち良く仕事が出来そうです。


スポンサーサイト
プロフィール

星野秀太郎、星野達彦

Author:星野秀太郎、星野達彦
安曇野の家具工房です。
shutarou_h@yahoo.co.jp

長野県安曇野市穂高有明 7363-2
TEL:0263-83-7586
年中無休

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。