スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原木の製材

DSC09894_convert_20100626215355.jpg

心に響いた楡の丸太を、製材開始です。最初の1枚目、素晴らしい木目と色調です。
この木を、生かして素晴らしい家具を、自分は創作しなければいけないぞと、おもうのです。

DSC09896_convert_20100626214245.jpg

2枚目になります。
うーん、これはすごいぞ。まったく自然の造形美には、気持ちがゆさぶられます。
結局8枚の、良材が生まれました。来年には家具になります。


DSC00121_convert_20100626214358.jpg
原木の製材のようすです。末口の割れや芯の様子から、美しい板がひきだせるように、慎重に確認しています。
貴重な丸太ですから、けっこうどきどきします。
スポンサーサイト

くつろぎのベンチとテーブル

DSC00079_convert_20100623230332.jpg

くつろぎのベンチです。最近とても人気があります。
この作品は、栃の木ですが、現在胡桃の木でも、製作中です。
このベンチは、部屋の空気を、爽やかな風のように、してくれます。
お昼寝ベンチとも、よばれています。

DSC00077_convert_20100623230530.jpg



DSC00084_convert_20100623232826.jpg

サミットチェアーの背もたれの部分です。シンメトリーの美しい木目と形が調和しています。

今回、椅子は2種類だけ展示します。木の椅子なのに、とても心地よい座り心地です。
安曇野のショールームには、6種類は常時展示しています。

自分の椅子マイチェアーを、探しに来られる方は、けっこういらっしゃいます。

安曇野スタイル展示会


栃の一枚板のテーブルが、いよいよ仕上げの段階です。施策模型を、見ながらなめらかな 
曲線を、けずりだしています。図面を書かない代わりに、模型を作るのです。
経験的にそれのほうが、自然に綺麗なデザインになるのです。
DSC00057_convert_20100620001040.jpg
優美な曲線と、上品な色調の、栃の一枚板のテーブルが完成しました。
想像していたよりも、素敵な、存在感です。
どんな出会いが、あるでしょうか?楽しみです。
おだやかで楽しい風景が、目にうかびます。

新緑の工房 

sora
森の小道を、しばらく行くと、新しい工房&ショウルームです              

日当たりがよく、そよ風が吹くので、木も野の花も、どんどん成長するので、楽しみです。

どんぐりや夏はぜの新芽が、ある日顔をだします。

そんな森の風景のなかで、ゆったり時間をすごしながら、美しい家具にふれるのが、良い感じです。
DSC00071_convert_20100616221445.jpg今年の春、どんぐりから成長した若葉です。風にそよいでいます。

新しい工房の始まりです

看板
新緑のまぶしい季節です。新しい工房へ続く森の小道に椅子のイラストの看板を設置しました。
どことなく家具な感じの看板になっているのが、自分でも不思議ですね。
安曇野にある有明山通りから、南へと、森の小道を入ります。300メートルくらいかな?
6月の安曇野は、実はとてもすがすがしい季節なのです。
プロフィール

星野秀太郎、星野達彦

Author:星野秀太郎、星野達彦
安曇野の家具工房です。
shutarou_h@yahoo.co.jp

長野県安曇野市穂高有明 7363-2
TEL:0263-83-7586
年中無休

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。