スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大切な宝物に出会うと言う事

 天気の良いおだやかな秋の日には、戸外で仕事です。
 お茶も外で頂くことにしました。

CIMG4122.jpg

私のマイカップはお伊勢さんに参拝した時に、おかげ横丁で出会いました。

CIMG2539.jpgCIMG2541.jpg

いつ行っても賑やかなおかげ横丁にはおいしい料理もたくさんありますが、素敵な陶器屋さんがあります。
お店にはいってカップを探していて、最初に目について手に取ったのがこのカップでした。
いつもは野の花しか描かない女流陶芸作家が初めて龍の絵を描いたものだそうです。
そういう自分にとっての宝物に出会う事は、心が躍ります。
毎日使っていますが、とても満足感があって豊かな気持ちがします。

私もそういう作品を作り続けられるようにと自分を叱咤激励する毎日です。

CIMG2526.jpgCIMG2532.jpgCIMG2536.jpg

EPSON044.jpg

この椅子は精魂こめて製作した私の処女作です。坐り心地の良い椅子をただひたすら追求する始まりとなりました。
なぜならこの椅子は坐り心地が良くなかったからなんです。
なので偉大な?失敗作と自分では呼んでいます。

誰かの宝物になれるような作品を生みだす道は、はるか遠くのかなたにあるはずでした。




スポンサーサイト
プロフィール

星野秀太郎、星野達彦

Author:星野秀太郎、星野達彦
安曇野の家具工房です。
shutarou_h@yahoo.co.jp

長野県安曇野市穂高有明 7363-2
TEL:0263-83-7586
年中無休

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。