スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安曇野は工芸の秋となってます。

安曇野スタイル秋2012も2日目です。

CIMG4053.jpgCIMG4052.jpg

紅葉の森の小道をたどっていただいて色々な方が、今日もいらっしゃいました。


CIMG4058.jpg

CIMG4076.jpg

さらに穂高神社さんの工芸作家20人展にも椅子とテーブルを出品しました。
ここでも椅子の座り心地の良さにみなさん、驚かれているようです。

CIMG4075.jpgCIMG4065.jpgCIMG4062.jpg


CIMG4059.jpgCIMG4067.jpgCIMG4064.jpg

CIMG1515.jpg


他の素晴らしい工芸作品にかこまれていると、自分の作品も客観的に見る事ができるので、ありがたいです。



CIMG4071.jpgCIMG4073.jpg

神社さんを出ると、安曇野クラフトショップでも、特別展示をやってました。おいしい珈琲をいただきました。





スポンサーサイト

安曇野スタイル始まる。

晴天の中、安曇野スタイルが始まりました。

CIMG4041.jpgCIMG4036.jpg

朝は資料の整理やらであわただしかったので、ちょうど良い感じのお客さま方です。

CIMG4042.jpg

早速ちび椅子を予約された方は御年配の御夫婦で、御自身でお使いになるそうです。
裏をひっくり返して、作り込みの丁寧さに感心されていました。

CIMG4038.jpgCIMG3997.jpg

CIMG4044.jpg

CDディスプレイの試作品ももアンティークガラスを使ったので、いい感じです。

それやこれやで、初日無事終了しましたが、何と明日は穂高神社さんの秘めたる工芸作家20人展がはじまるので、
夕方から、88センチの丸テーブルを組み立てました。

CIMG4045.jpgCIMG4046.jpg

新作のShチェアに合わせてのデザインです。若干忙しい雰囲気での製作でしたが、                

以外にそういう時ほど勘が冴えていて、ピシリとした精度で組みあがる事が多いですね。CIMG4047.jpg


CIMG3528.jpg

この新作Shチェア
美しいラインを持ちながらも良好な坐り心地もかねそなえています。
工房開設28年目にして、静かに誕生しました。
ハイセンスな空間に置くと、とても綺麗に見えるのが不思議です。



忙しくも充実した一日でした。

楽しんでいただいたお客さんとの出会いも宝ですね。




安曇野スタイルの準備 年に一度の?

 
いよいよ安曇野スタイル2012秋が始まります。

CIMG4034.jpg

有明山通りに置く看板も準備完了です。いい感じです。

CIMG3996.jpgCIMG3997.jpg

年に一度だけ製作する?ちび椅子が3脚そろいました。CIMG3982.jpg

CIMG3981.jpg

大人の椅子と同等かそれ以上に丁寧に仕上げてあります。
どこへ行くにも付いていきそうな感じでしょうか。サインも入れました。

CIMG3987.jpgCIMG3988.jpg

私の作品の中でも最もシンプルな胡桃のコースターを準備しました。CIMG3991.jpg

CIMG3993.jpgCIMG3992.jpg

CIMG3879.jpg


展示会に準備したもう一台のベンチです。長さは2000で座面高さが380センチです。
なんとも使いやすいサイズと色調と思いました。ゆるやかなカーブを描く座面が心地よい空間を作り上げます。

それと自分が以前からあればいいなあと思っていたCD立てを試作してみました。お気に入りのジャケットを見ながら聞く音楽は又、格別です。レコードの時代をふと思い出しました。

大きい方のベンチはすでに予約済みとなりました。海辺近くのお宅に行くことになりそうです。CIMG3958.jpg

どんな出会いがあるでしょうか。楽しみです。

CIMG3783.jpg



安曇野 お宿なごみ野

 
安曇野の森の中にたたずむ、お宿なごみ野です。

CIMG3277.jpg

いつも綺麗に掃除が行き届いて、爽やかです。スタッフも若くて優しい感じでとても評判が良いようです。

CIMG3280.jpg

その旅館のロビーに私のベンチと椅子そして小さな丸テーブルが収まっています。
外観の落ち着いた和モダンに対して、家具のデザインの調和がうまくいったようです。

CIMG3281.jpg

料理も季節毎に趣向がこらされていて、とても満足感の高いものです。
私の椅子もその豊かな時間作りのお手伝いをしています。

CIMG1050.jpg

この椅子も静かに、全体の雰囲気にとけこむようにロビーに置かれています。
大柄な方にもしっくりとなじむ木の椅子です。社長の椅子?と呼んでいます。

イギリス人の若い御夫婦が、現在香港にて、愛用されています。CIMG1081.jpg

その理由は坐ってお確かめください。

尚、最初の試作品は秀太郎工房のショールームにあります。

いよいよ安曇野も冬の季節です。

白い冬の安曇野の季節がやってきそうです。
車で松本方面に向かっていて、ふと北アルプスを見ました。

CIMG2443.jpg

手前が穂高西中学校です。白くかすんだように見えるのが有明山ですね。

CIMG2442.jpg

2000メートル級の北アルプスの峰々はすっかり吹雪いているようです。
いつ平地に雪がつもっても、おかしくない感じです。
都会の方から見ると、雪が降るというのは大変な事のようですが、
安曇野の人々は雪に備えて、淡々と準備しているので、そういう季節になったなあという感じです。CIMG2441.jpg


12月に入れば車はスタッドレスタイヤに履き替えです。
暖房の準備をします。CIMG2440.jpg

息子がレンタルのチェーンソーで苦労しながら薪の準備です。
初めてなので、どたばたしてましたが、それも大切な経験です。
長男と二男が協力して、今年の冬じゅうの薪作りをしてました。
私は仕事をしながら監視?してました。

家族で協力しながら、生活をしている幸福を感じました。

CIMG1222.jpg

そういう訳で、工房の薪ストーブは暖かく燃えています。
雪が真っ白に積もる安曇野の冬景色もいいですよ。
落ち着いて製作に集中出来る季節でもあります。

CIMG1416.jpg

木を削ると体があったかくなります。


プロフィール

星野秀太郎、星野達彦

Author:星野秀太郎、星野達彦
安曇野の家具工房です。
shutarou_h@yahoo.co.jp

長野県安曇野市穂高有明 7363-2
TEL:0263-83-7586
年中無休

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。