スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よき一日でした。

冬の寒い一日ではありましたが、ウオルナットの一枚板を外で仮仕上げしました。
右側の2枚です。中々良い木質です。
どんな樹種の板もいつも驚きと感動があります。

CIMG1624.jpg


夕方スクエアクラフトの川原君から、特注のバターケース完成の連絡です。

39745516.jpg

39745516_o1.jpg
39745516_o2.jpg

今回は私の作るウオルナットのテーブルで使っていただく予定のバターケースなのでウオルナットでという事になりました。いつもながら丁寧な作り込みですから、品格さえ感じます。


CIMG1799.jpg

CIMG2921.jpg

お義母さんの86歳の誕生祝いにラピュタにやってきました。
前菜の盛り合わせにも又一工夫あったりして、いつも満足感のあるおいしいお店です。
この夜もお客さんで満席でした。CIMG2924.jpg

CIMG2926.jpg

オーナーシェフの小川さんより、お祝いのメッセージが届けられました。
嬉しい良き一日でした。


スポンサーサイト

幸福な食卓になりました。

火曜の午後は工房がお休みなので、息子が夕食を作ってくれる事になりました。

CIMG2829.jpg

我が家の樺材で作ったダイニングテーブルの上に料理が並べられました。
ちなみに床は無垢のくるみのフローリングです。
家具とおなじ仕上げなので、とても心地よい感触と質感です。

CIMG2826.jpg

伊勢神宮のおかげ横丁で購入した福と書かれた器には地元安曇野野の大根と豚バラの炒め煮が盛られました。

CIMG2827.jpg

これはサトイモの竜田揚げ風だそうです。見た目的にはとても良い感じです。

CIMG2824.jpg  

他にはほうれん草とトマトのツナドレッシングそしてカニ玉風ふわふわスープまであります。
何だか普通に割烹に来たみたいな雰囲気ですね。CIMG2830.jpg
だった
普通においしくて全員がもくもくと食べてます。
ちなみに椅子はサミットオリジナルを使ってます。
もう16年位使ってますが、しっかりとしていて体も気持ち良いので、家族には好評です。
この椅子を作った時に9歳だった息子がこんなおいしい夕食を作ってくれる時がくるなんて
時というのは不思議なものですね。




2012が始まりました。工房も始動します(festool)

新年あけましておめでとうございます。

CIMG2498.jpg

市民タイムスにシルバーさん達が手作りの門松を作っていると、あったので何となく注文してびっくりでした。
こんなに立派な門松が来てしまいました。
晴れ晴れとした気分になれますね。


大晦日は久しぶりに紅白歌合戦をじっくりと見ました。
それぞれの歌手の気迫がすごくて、感動しました。
東北の祭りがあっぱれ出て来た時には、涙がでました。
日本の音楽はいつのまにか、極めて多様な音楽性を同時に持っているようになったと実感しました。

元旦はおいしいお雑煮とおせち料理をいただいて、穂高神社さんと有明山神社さんに初詣しました。
CIMG1515.jpg

2日の午前中にテニスの新春初打ち大会に誘われて、やまびこドームに出かけました。
木造の素晴らしい建造物です。

CIMG2571.jpg
CIMG2576.jpg

40人以上の良き人達が集いました。中には現役の高校生の若者もいて、打球の速さにびっくりですが、
楽しい大会でした。おかげで、体がしゃきっとしました。

CIMG2578.jpg

3日は諏訪大社の上社さんに家族で初詣です。
大きな商売繁盛の熊手を思い切って買いました。
それやこれやで、お正月を満喫した3が日となりました。

4日から最新のマシンを使って仕事をはじめました。

CIMG2596.jpg

そのマシンの名はFESTOOL 家具工房の作業環境を一変させます。

CIMG2589.jpg

快調に作業して、ふと気付くと窓の外は一面の銀世界になってました。
それでも明日は晴れの天気予報です。

今年の新米が届きました。

今年の新米が届きました。安曇野市の北にある大町市。
そこにある木崎湖のそばで、家族で素晴らしいお米を作っている山本さんを紹介していただきました。

無農薬、有機栽培しかも天日干し(はざがけ)です。
心をこめて作ったお米をわざわざ御夫婦で届けてくださいました。

CIMG1390.jpg


良質の米を作るお話等も聞けて、とても信頼感を持てました。
特に無農薬でありながら、収量をあげる工夫と熱意には感服しました。
このお米は生命のエネルギーがすごくあるだろうなあと感じましたし
私も毎日自然が作り出した木に触れていますから、そういうお話が心に響きました。

1110041.jpg
CIMG1394.jpg
CIMG1395.jpg
ほとんど保存のためにモミのじょうたいですが
少しだけ玄米があったので早速家庭用精米機で、三分づきにしてみました。栄養は玄米に近い状態です。

CIMG1392.jpg

和の鉄人のプロデユースのこの精米機、とにかく優しくお米を精米してくれます。

CIMG1393.jpg

いただきまーす。
家族全員が笑顔になりました。甘みがあって、食感がとてもいいです。
一言でいえば、おいしすぎます!!

伊豆のおみやげのカマスもあったので、食卓がすっかりお祝いモードになりました。
日本人で本当によかったと、思ってしまいました。
良いお米があると生活がとても豊かに感じると実感した一日でした。


プロフィール

星野秀太郎、星野達彦

Author:星野秀太郎、星野達彦
安曇野の家具工房です。
shutarou_h@yahoo.co.jp

長野県安曇野市穂高有明 7363-2
TEL:0263-83-7586
年中無休

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。