スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご挨拶

私は秀太郎の息子の星野裕太です。
この2016年春に木曽の上松技術専門校を卒業し、安曇野で秀太郎工房に入り家具製作をはじめました。
今後は私も工房日記を更新させて頂きます。
挨拶が遅れてしまいましたが、今後共秀太郎工房をよろしくお願いします。

仕事を通して喜びの輪を広げていく、そんな家具作りを目指して精進してまいります。


猫のしろちゃんIMG_1495.jpg
スポンサーサイト

木取りは楽しいから好きです。

木取りという作業工程があります。
大切にストックしている様々な樹種の板から、
椅子の脚や椅子の座の部分、キャビネットの扉等を少し大きいサイズの材料として取り出してゆく工程です。


そのためにその工程(作業)を木取りと呼びます。
一般的に木工というと、その木取りから後の工程を重要視している気がします。

私の場合は木取りが作品の成否を決めるような重要な始まりでしょうか。
その作品に最適な材料を見つけ出す そんな感じです。
ストックをあれこれ眺めながらデザインを構成しなおす事も多いですね。

CIMG2893.jpg

椅子の脚をこれらの板から取り出します。大きくて真っ直ぐな丸太だったので直材が取り出せます。

CIMG2646.jpg

この大型バンドソーはこんな長くて厚み5センチの広葉樹も楽々と直線に加工できます。

CIMG2894.jpg
CIMG2895.jpg

昨年末に導入したドイツfestoolの集塵機CT22と日本製リョービの最新丸のこが完璧なマッチングをすることを発見したために木取りの工程の最初のステップである長い板を直角に切るという作業が実に
スムースになりました。CIMG2897.jpg
粉塵がほとんど床に落ちていません。すなわち空中にも粉塵野の飛散が少ないです。
そしてこの板の長さを切っていくという工程で作業台を4つ用意すると安全で確実な作業ができます。
2つで行うと不安定になりがちです。4つがいいですよ。

CIMG2902.jpg

こんな少し曲がりのある材が出てきました。いろいろやってみて両端で短いまっすぐな束(椅子用)を取って
真ん中は椅子のアームの材とすることにしました。
大切な板をその性質に合わせて色々に使うのです。
そうすることによってその板の良さが十分に引き出せたと思うわけです。木に対する愛!でしょうか。

CIMG2903.jpg

上の写真の一見曲がった板から真っ直ぐで目の通った束(椅子のアームを支える部材)が取り出せました。
これを眺めているだけで、何だか嬉しい気持ちになってきます。
出会った板を生かせたという気持ちと良い椅子ができるという二重の喜びがあるのです。
だから私は木取りという工程が好きなのです。

CIMG2909.jpg

とそこへ奥さんがモンブランをお茶に持ってきてくれました。
何と!!手作りだというので家族全員がびっくりしました。
食べてみてさらに驚きました。お店のよりおいしいー!!

幸福な立春となりました。
春が近いといいですね。




新しい木工機械との出会い

朝です。昨日までの雨模様がうそのよう、青々と空は晴れ渡り、風は爽やかです。

CIMG1094.jpg

鈴岡の鈴木機械で、出会ってしまった新しい木工機械がいよいよ工房に搬入されました。
ひたすら慎重に鈴木さん達は機械を動かしていきます。
とっておきの大事な一台だったそうなのです。

CIMG1096.jpg

桑原手押し鉋盤KP-400DX定位置に見事おさまりました。
構造と機能が調和したデザインと色調のモスグリーンが調和しています。
まるでイタリアのスポーツカーのような様式美を感じてしまう。
そしてなんと400ミリ幅の板を見事に美しく削ってしまうのです。
ようこそわが工房へ、これから一緒に楽しく仕事をしましょうか。
喜びと共に。
そして実際にこの桑原の手押しのすごさは、使ってみないとわかりません。
ギター工場依頼35年近く色々な手押しで加工してきましたが、まるで別格の機械ですね。
ただ自然にスーッと材料をおしてやるだけで、平らな基準面が出来てしまいます。
それと角度定規の精度が良くてしっかりていますから、2.2メートルの幅広板が楽々と
90度に仕上がります。

仕事が楽しく安全に進む桑原の手押し鉋盤は素晴らしいです。

CIMG1138.jpg

そしてもう一台の銘機、服部の超高精度軸傾斜盤SB-12が搬入されたのです。
静岡の木工職人の間で知る人ぞ知る垂涎の機械なのです。
私も先日まで、全く知らなかったのですが近くに住むスクエアクラフトの川原君も愛用していて、
絶賛していました。ちなみに彼の作るバターケースは逸品ですよ.
とにかくこれも精度が素晴らしく、刃物がぶれないので安全に加工できます。
人の感覚にすごく寄り添ってくれる名機ですね。愛着が湧いてきます。

CIMG1066.jpg

人との出会いはまるで偶然の奇跡のように、ある日訪れます。
静岡の焼津に出かけて、鈴木さん親子に出会ったことで素晴らしい宝物のような機械が私の工房へやってきました。感謝です。

テーマ : 工芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

体に心地よい木の椅子の話

私の木の椅子に座られると、大抵の方が座り心地の良さに一瞬びっくりされます。
木の椅子なのに、全く硬さを感じない。ずっと座っていられそう。 
その言葉を聞いて、いつも嬉しくなります。
その時に色々説明するので、ここで少しまとておく事にします。

人間工学を勉強されたのですか?と時々聞かれます。
全然勉強してません!ときっぱりお答します。
さらにデザインの専門的勉強もしてませんよ。と明るく付けくわえたりします。
自分がどうしても生み出したい椅子が勉強?などでわかるはずもないですね。
だとすれば何が必要か?それは正直わかりません。
などと言っていても不親切なので、少し具体的に話しましょう。


体に良い椅子その条件はまず設計ですね。
どう人の体を受けるのかという所から始めるのが良いでしょう。
背中なのか腰なのかという感じです。
 

DSC00524.jpg

この椅子だと腰で支える事になります。そこが出発点ですね。
そして良い木の椅子とはその材質が重要です。
耐久性を確保しつつという事になりますので、木の特性を熟知していなければなりません。

私の木の椅子は基本的にウィンザーチェアーというジャンルになるようです。
日本の木工家でその巨匠といえば過日亡くなられた村上富朗さんです。

村上さんのホームページにウィンザーチェアの解説がありました。
それによると欧米では歴史的に座面は楡とかパイン材を使っていたようです。
脚の材料や細い貫は固い木、たとえばアッシュ材を使っていたようです。

私の椅子が胡桃材を座面の使用して、脚に山桜を使うようになったことは
ちゃんと正しいウィンザーチェアーの歴史を踏襲してんですね。
不思議なものです。

CIMG2160.jpg


DSC00525.jpg


30年以上ずっと木に触れてきましたが、樹種によって、同じ樹種でも重さ、硬さ、色調、木目が
すごい変化があるのです。とくに日本の胡桃、山桜は個体差も相当あります。
その中に私が弾力を感じたり、温かみを感じたりする木で椅子を作っています。

そして良い木の椅子を作る最も大切な事は、経験の積み重ねです。
作るごとに、気付くごとに少しずつ改良してゆく事です。
最初にその形の椅子が出来てからがスタートですね。
形も洗練されて変化してゆくのが自然だと、思っています。DSC00085.jpg


テーマ : 工芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

工房の集塵システムを2ステージの防音化させる計画とは?

木工家にとって、集塵システムは作業効率という意味においても大切です。
しかし大型の集塵機の騒音は相当なものですから工房内に設置するのはストレスになります。

そこで小さな収納部屋(0.5坪)の中に設置すれば防音になると考えてやってみました。

CIMG1883.jpg

ベニヤ1枚分の間口にしてぴったりおさまりました。CIMG1884.jpg
CIMG1885.jpg

CIMG1886.jpg


ただここで問題が生じました。鉋盤で大量の鉋屑が出た場合にそれを取り出す時に効率が悪いのです。
色々考えたり調べていてふとこんな製品を発見しました。

t_2387_01.jpg

veritasサイクロンリッドといって200リットルのドラム缶に装着して、集塵システムを2ステージ化?
する事が出来るようなのです。

t_2387_02.jpg

これが本当に機能するなら理想のシステムになります。
早速サイクロンリッドを発注して、次にドラム缶捜しです。

21929067.jpg

ファイバー製のドラム缶を発見しました!色もデザインも工房にぴったりです。
側発注です。2製品共2日で到着しました。
どきどきしながら組み上げます。

CIMG2001.jpg
CIMG2002.jpg

果たしてどうなるのでしょうか?集塵機を稼働させて鉋盤を使ってみました。

CIMG2011.jpg

大成功です!!サイクロンリッドはすごい性能です。ファイバードラム缶に吸い込まれた木屑はその中で、
まるでサイクロンのように渦をまきます。重い屑は全部下に落ちて軽い細かい粉じんが集塵機にはいります。
とうとう防音型ながら作業効率ま良くさらに外観もシンプルという3拍子揃ったシステムが完成しました。

これはお勧めです!気にいってます。


プロフィール

星野秀太郎、星野達彦

Author:星野秀太郎、星野達彦
安曇野の家具工房です。
shutarou_h@yahoo.co.jp

長野県安曇野市穂高有明 7363-2
TEL:0263-83-7586
年中無休

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。